白髪改善に効果のある方法!原因を知り速やかな対策を!

白髪は、ほとんどの場合は年齢が原因であり、対策の施しようがないと考えられてきました。しかし、最近の研究から、白髪にも原因があり、正しい対策を取れば色を取り戻せるということが解明され、多くの中高年には朗報となっています。白髪の改善に効果的なケアを内側と外側の両面から具体的に解説していきます!
MENU

白髪は内と外の両側からのケアで改善できる!

年を取れば白髪になるというのは、自然な流れであるとずっと信じてきました。

 

ほとんどの方もそうだと思います。また、カラーリング分野が成長したこともあり、簡単に白髪染めができるようになりましたので、面倒だけれども白髪は染めればよいと考えていました。しかし、医療分野の発展が目覚ましく、抜け毛や薄毛が改善されるようになると、ひょっとすると白髪にも対策ができるのかもと思うようになりました。

 

 

やはり、何事にも原因はあるものです。原因がわかれば有効な対策も出てきます。様々な原因が考えられますが、白髪についても他の病気と同様に生活習慣からくる細胞活動の低下、食生活、不十分な頭皮ケアなどが考えられています。これは、薄毛や抜け毛にも共通しますが、頭皮に充分な栄養が行き届いていないことが大きいと考えられます。つまり、加齢やストレスなどにより頭皮の血流が悪くなり、細胞が活性化しなくなっているのです。

 

 

これらの問題を解決するには、他の生活習慣病対策と同様に血管年齢を若返らせ血流を良くすることが大切です。頭皮部分の血流が良くなれば細胞は再び活性化します。抜け毛や薄毛にも有効なように白髪にも効果があると考えられます。抜け毛や薄毛が改善された後に白髪が生えてきたという話は聞いたことがありませんので。

 

 

また、内からばかりではなく外からの対策も有効であると思われます。この場合、毛管に汗や汚れが詰まっていることが多く、せっかくの栄養成分が行き届いていないことが多くあります。正しい頭皮マッサージやマイクロバブルやナノバブルを利用して毛管をきれいにすることで栄養素が行き届くようになります。内と外からダブルで攻撃をかけることで、これまで活動が低下していた細胞が活発に活動を始めます。血流もよくなり、自然な色素がよみがえってくる可能性も高まります。

 

 

白髪は、髪の毛が少なくなると余計に目立つようになりますが、髪の毛の量が増えると逆に目立たなくなってきます。この意味からも、頭皮の細胞を活性化させ、血流を良くすることはダブルの効果を発揮すると考えられます。また、これは髪の毛ばかりではなく、体全体の健康にも大変役立ちますので、至れり尽くせりの方法です。

 

 

毛の根元部分にあるメラノサイトと呼ばれる成分が髪の毛を黒くする働きがありますが、その作用が衰えることで白髪は増えます。

 

年齢的には30代後半くらいから増えるのが一般的ですが、遺伝や生活習慣によりそれよりはやくから出現する事もあり、その場合は若白髪と呼ばれることもあります。不可抗力の部分もありますが努力次第で必要以上に増やさない事は可能です。

 

改善のためには頭皮の内側と内側と外側の両方を手入れする必要があることは前述したとおりですが、外側からできることはなるべく刺激を減らし、清潔に保つことです。

 

ただ洗浄力の強いシャンプーで毎日洗髪をするのは皮脂が取れすぎて乾燥をを引き起こしたり、毛穴の炎症の原因になるので控えましょう。また紫外線は頭皮の老化の老化につながるので、日傘や防止などでUV対策をしておいた方が白髪を予防できます。今できている白髪を抜くのも、頭皮を傷める原因になります。

 

内側からできる事としては毛根がきちんと栄養を蓄え黒い毛をつくる因子を活性化させることです、そのためには養分を運ぶ働きをする血行を正常に保つ必要があります。そのためにはバランスの良い食事をとることが大切です。

 

特にミネラルやビタミンを豊富に含む海藻や緑黄色野菜などを意識して取り入れることで白髪改善に効果があります。タンパク質も髪の毛の基本的な構成要素ですが、食べ過ぎは体の糖化につながるので、規則正しく適量にとどめておくことが大切です。

 

また有酸素運動を定期的に行ったり、ストレッチで筋肉をのばすことも、血管を柔らかく保つのに効果があり、改善策として有効です。睡眠の質も成長ホルモンの分泌に関係するため、日付が変わる前に寝台に入り、熟睡することが大切です。角の飲酒や喫煙は毛細血管を傷める原因になるのでやめましょう。

 

このほかに日常でできる改善対策としてはストレスとの付き合い方です。適度に発散させることで緊張が和らぎ、血管を健康に保つのに役立ちます。頭皮が固くなると血流を阻害するためマッサージも大きな効果があります。つぼを中心に気持ちのいい程度にもむことで養分が行き渡るのを助けます。強くやりすぎたり、つめをたてるととかえって逆効果になるので、注意が必要です。

このページの先頭へ